【SCOTCH & SODA / スコッチアンドソーダ】30代で着用したい大人ブランド

スポンサーリンク

ファッションに興味が薄れ
普段はスーツ、作業着しか
着用しないので、どんな服装を
したらいいかわからない。
そんな読者の為の記事です。

クー
クー

本日はSCOTCH&SODA!!

SCOTCH&SODA(スコッチアンドソーダ)

クーがオススメするこのブランド
どんなブランドかを見ていきます。

1985年よりオランダでスタートしたブランド、〈スコッチ アンド ソーダ〉。伝統やハンドクラフトの変わらない価値観と、常に新しい挑戦を続ける冒険心。さらに細部にまでこだわるモノ作りによって、瞬く間に世界中のファンを獲得。特にデニムはデニムブランド顔負けの加工や豊富なバリエーションでブランドの定番アイテムとなっている。今では世界29ヶ国で130店舗以上を展開するグローバルブランドにまで成長した。大人に似合うベーシックなワードローブが幅広く揃う〈スコッチ アンド ソーダ〉。 safariloungeから引用

日本だと一部のセレクトショップでしか
取扱のないブランドで
ちょっと高級なイメージ。

でも実際はそんなに敷居は高い訳ではない。

価格帯、ブランドイメージ

日本でいうところのBEAMS(ビームス)
アメリカでいうAbercrombie & Fitch(アバクロ)
雑誌でいうサファリ、オーシャンズ
といった所でしょうか。

Tシャツが6,800ほど
デニムで16,800〜24,800ほどです。

アメリカン・ヴィンテージ
オールドスクール、ロック、サーフなど
様々なテイストを取り入れながらクオリティー高く
値頃感のあるミドルレンジの
プライスゾーンのコレクションを展開してます。

デニムが優秀

特にデニムの形、履き心地がとても良いです。
定番の形である
Ralston
レギュラースリムモデル“Ralston”

自然なフィット感が特徴的なデザインで
すっきりとしたシルエットで
スタイルが良く見える
スコッチ&ソーダでも人気のモデル。
加工も様々あるので
自分好みをみつけて見てほしい。

ストリートファッションで使われる事も多く
1サイズ上げて腰穿きするのもあり。

シルエットの綺麗なポロシャツ

ポロシャツはややタイトな物が多く
大人の男にもバッチリはまるアイテムです。
オフィスカジュアルにも
バッチリつかえます。
1ポイントの刺繍
もしくはゴールドプレートが
つくものがほとんどで
さりげないアクセントが光ります。

終わりに、サイズ確認をお間違いなく

サイズが違うと格好良い服も
ダサくみえてしまいます。
実寸サイズを必ず確認するか
店舗へ趣き試着しましょう。

コメント

  1. アバター とみます より:

    おぉオシャレ(*´▽`*)!!
    日本でいうところのBEAMS←分かりやすいっす!!

    • アバター クー より:

      ありがとうございます!!
      誰でも分かる
      説明する例えシリーズ好評です!!
      (主にとみますさんに)

トップへ戻る