「100年大学 お金のこと学部」 特別講義に当選。 生駒里奈 羽田圭介 柴山和久

スポンサーリンク

ある日。
ツイッター経由でダイレクトメッセージが届きました。

最初は全然、なんの事か分からなかったのですが
よく考えると
こんな事をやった事を思い出した。

自分で見ても優秀とはいえない。w
そんな僕が当選⁇
「どーせ全員受かるやつだろう。」
なんて思っていた。

250名だと、、

とりあえず凄くラッキーで
喜ぶべき事に、この時点で気付いた。
しかし喜ぶのはまだ早い。
メッセージを見返すと
受講の権利 or QUOカード

なんて事だ。
QUOカードだけでも、ありがたい事だが
ここから、さらにふるい落とされるのか。
しかし、せっかくなので
絶対、講義に行きたい。

という事で必要事項を記入して返信
淡い期待を抱いたまま発表を待つ事に。

そして先ほど。


特別講義に当選した。

という事で予習の意味を込めて
調べていきたいと思う。

「100年大学 お金のこと学部」とは

「100年大学 お金のこと学部」は、日本証券業協会と
東京大学教養学部教養教育高度化機構ブランドデザインスタジオとのコラボ企画。
お金との向き合い方や証券投資などを若い人に学んでもらう取り組み。

この取り組みではより多くの方々にお金や証券投資と向き合うきっかけを作るため、様々な施策を展開するほか、100年大学の学生代表としてタレントの生駒里奈さんを起用し、様々な面で取り組みにご協力いただきます。

当協会では、お金や証券投資に興味を持つ人にはもちろんのこと、自分には関係ないと考えていたり、ハードルを感じている若い世代の方々にも、“人生100年時代”といわれる現代において、お金や資産形成のための証券投資についてしっかりと学び、積極的に向き合っていただくことで、より良いライフデザインの一助になればと考えています。
引用元:http://www.jsda.or.jp/katsudou/gyouji/100univ.html

なるほど、なるほど。
ああ、僕にはもったいない気がしてきたよ。

日本証券業協会

日本証券業協会は
全国の証券会社を構成員とする社団法人。

内容は金融、資本市場の自主規制業務

東京大学教養学部教養教育高度化機構ブランドデザインスタジオ

東京大学教養学部教養教育高度化機構ブランドデザインスタジオは、「共創」の手法によって思考の方法やコミュニケーションスキルなどを学べるプログラム。

共創とは「共に創る」という文字通り、講義のように一方的に教えるのではなく、受講者自らが体験などすることによって積極的に参加・創出して相互作用の中で学ぶ学習方法。

100年大学 名前の由来

「人生100年時代」を見据えて“これからのお金との向き合い方”や“証券投資”について学び、考えてもらうことを目的とする取り組み。

なるほど。

首相官邸のホームページにも
人生100年時代というスローガンが掲げられているくらいだ。

今は個人で稼ぐスキルが重要な時代。
これからは、より学ぶ姿勢が重要になってくるのかもしれない。

元乃木坂46・生駒里奈さん、学生代表として起用

アイドルには全く興味のない僕だが
広告効果は絶大。
この企画に対する熱意が伝わる。

可愛い。

10月4日 投資の日

10月4日の開講が決定している。
その理由は10(トウ)4(シ)

なるほど考えられている。

画像引用元:http://www.jsda.or.jp/katsudou/gyouji/100univ.html

 

講師1 芥川賞作家 羽田圭介さん

羽田圭介さんといえば、著書「ミート・ザ・ビート」
第153回芥川賞をピースの又吉さん「火花」
ダブル受賞をして世間を賑わせました。

これを機会に読んでおこう。

講師2 WealthNavi(ウェルスナビ)代表 柴山 和久さん

こちらは金融リテラシーが高い方なら
ご存知の方も多い。
完全お任せで資産運用ができるロボアドバイザー。
その代表格ともいえるWealthNavi(ウェルスナビ)

日本のロボアドバイザーサービスの中でNO.1の預り資産らしい。
代表を務める柴山さん。
個人的には一番お話を聞きたい。

100年大学開学記念テスト「お金のセンス」

すでに特別講義の募集は終了しているものの
トップページの
「お金のセンスを測ってみる」
をクリックで、テストはできるので
興味がある人はチャレンジしてみてね!

 

コメント

トップへ戻る