【WordPress/ワードプレス】旧エディターの使用方法 戻し方 【Classic Editor】

スポンサーリンク

時の流れに追いつけない

Qoo(@SurvivorCherry)です。

そんなオールドルーキーな僕
先日ワードプレスを更新して
新規投稿をしようと
エディターを立ち上げたら
画面が最先端になりました。

なんだかシンプル。

うん。
削ぎ落とし過ぎだよ!
断捨離ブームにのっかているよ!
とても使いにくいよ!

慣れるのに時間かかるよ!

操作がわからず、時間が過ぎていく。

えっ
もしかして
これでこれからやっていくのか。

いつもの流れ作業のように
更新をした事をとても
後悔した僕だった。

そこで当然のように
僕は思った。

前のバージョンに戻したい。

出来るのだろうか。

いや、出来ない事はないだろう。

しかし
なんだか凄く面倒な事をしないと
いけない気がする。

専門的な知識を駆使しないと
いけない気もする。

とても
ナイーブな気持ちになる。

そして僕は
コーヒーを飲んで
気持ちを落ち着かせると。

長い旅になる事を視野にいれ
グーグル先生との
面談に乗り出した。

 

クー
クー

旧バージョンエディターの戻し方

 

【Classic Editor/クラシックエディター】

解決法を探す事1分。

速攻で方法が見つかった。

そして、とても簡単である事を知った。

結論からいうと
プラグインに普通にあった。

灯台元暗しだ。

「Classic Editor」をダウンロード、、

そして

有効化するだけ。

超かんたんでしょ!

それにしても
僕と同じ悩みを抱えた人が
多かったのであろう。

 

トップページに掲載されていた。

人間はいつも使い慣れている物が良い。
楽をしたがる生き物だ、、

さっそく、インストールして

有効化!!

有効化!!

そして、特に何もせず
投稿画面に戻ってみる。

ああ、、前の画面だ。
愛しいエディター。

これだけで万事解決!

おわりに

バージョンアップした物を
駆使して、1記事書いてみたけど
ブロックごとに分かれてしまい
使いづらかったというのが
僕の印象。

しかし、使いこなせれば
今より出来の良い記事になったり
SEO的に有利なのでは!?

と思った。

少しずつ慣れていきたい。

時代の流れにおいつきたいよー。

 

コメント

トップへ戻る