落とし穴にはまるな!!カードローンとキャッシングについて

 

カードローンとキャッシング

クレジットカードには様々な機能がついていますが、カードローンキャッシングをクレジットカードで使うこともできます。クレジットカードは、買い物や公共料金の支払いなどに使えるだけでなく、カードローンやキャッシング利用で手軽にお金を借り入れることができます。
カードローンやキャッシングのサービスを利用すれば、クレジットカードでキャッシュが用意できます。クレジットカードによっては、キャッシング機能を使っての一括払いなら金利不要というメリットもあります。クレジットカードにどんな内容がついているか理解しておけば、何かあった時に有効的に活用できるかもしれません。
キャッシングをするためのカードを取り扱っている金融会社もあります。
テレビや広告なども頻繁に出されており、現金を借り入れるために発行してもらうというカードです。
カードローンとは、使用限度額の決められた枠の中で何度でも現金を借りられる機能を持つものです。カードローンは、銀行ATMで自分のお金を引き出すかのような手順で手元に現金が入手できます。カードローンはボタン操作一発で借り入れができるので手軽で嬉しいものですが、人から借りたお金であるということをつい失念しがちという落とし穴があります。
お金を借りているという意識の低さから、ついついカードローンやキャッシングを繰り返してしまう傾向もあるようです。他の金融会社から借り入れたカードローンの返済にと別な会社からキャッシングを行い、返済のための借り入れが巡り巡って返済不能状態になるという人も増加傾向にあります。キャッシングやカードローンを申し込む時は、無理なく返済できる範囲での借り入れを心がけるようにしてください。

カードローンは使用目的に制約が無く何に使うことも自由

カードローンというのはその名のごとく、ローンカードを使ってATMから現金を借入れるものです。現在では、金融業者のホームページから申請して、借入金を所有する銀行口座に振込んでもらうこともできます。ローンというと、一般的に住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンがあります。何の資金として使うお金かを明確化した上で融資を受けることが目的型ローンの特徴なので、その他の使用は不可能です。カードローンの特徴は、顧客が直接融資を受けられることと、何に使ってもいいお金を借りられることです。つまり、借入金を生活費として使おうが、旅行代金やギャンブル費用に充てようが利用者の自由であり、何の制約も受けません。その他にもカードローンには、無担保そして無保証人でお金を借りることができます。不動産や証券などの担保を必要とせず、また債務を肩代わりしてもらうための保証人も要りません。ただし、銀行カードローンの場合は保証人が要らない代わりに、保証会社の保証を受けることが条件になっています。一回融資を受けて終わりではなく、カードローンなら、一旦返したお金を、限度額までまた借り直すことができますので、何かと便利に使えます。カードローンを使えば、貸し付け上限額を越えなければ、ATMやサイトからの手続で、何回でも追加で融資を受けることができるわけです。利用目的が自由なカードローンは、大変便利なサービスであることから、多くの人に利用されています。

低金利のキャッシングを利用したいなら銀行のカードローンが最適

低金利で融資を受けられるほうがキャッシングはお得ですが、どうすれば金融会社を選ぶことができるでしょう。低金利で借りるためには、金融会社選びが重要です。消費者金融会社ではなく、銀行のキャッシングが低金利の傾向にあります。キャッシングにかかわる法律によって、金利は一定額を超えてはいけないことになっており、上限があります。キャッシングにも使えるクレジットカードも知られていますが、その時も、貸し付け金利の上限が法律によって決められています。クレジットカードを扱う会社も、消費者金融会社と同じように、貸金情報を守らなければならないからです。これに対して、銀行のカードローンは、違う法律に基づいてサービスが提供されているため、色々な金利設定での融資を行うことができるのです。消費者金融会社と比較すると、銀行系のカードローンは、低金利で借りられることが多いようです。一体どうして銀行系のローンが低金利になっているかといえば、銀行には保証会社があるからです。保証会社の保証があることで、担保や、保証人なしでローンを希望した時に、銀行からの融資を受けることが可能になっています。保証会社は、ローンを組んでから返済が行き詰まってしまった時に、返済を変わってくれるところです。銀行は借りたお金を確実に回収できることから、低金利での融資を行っているわけです。金融会社から、低金利での融資を受けたいと考えている人は、銀行融資を検討してみるといいでしょう。

ビジネスローンの特徴を知って賢く利用する方法

ビジネスローンの代わりに、キャッシングローンを利用するという場合もありますが、大抵は生活費のような用途にしか使えないお金といえます。投機性資金、事業資金、他社借り換えを目的として、キャッシングを利用してはならないというものが大半です。いくらキャッシングで融資を受けたとしても、ビジネス目的でそのお金を使うことは認められていません。もしも、ビジネスのために資金が必要ならば、ビジネスローンでお金を借りるようにしてください。ビジネスローンの特徴は、ビジネスに特化したものであり、それ以外の用途には使用できないようになっています。数あるビジネスローンの中でも、消費者金融会社の商品は事業資金と生活費の両方に対応していることもあります。消費者金融機関の金利はキャッシングより低い程度ですが、住宅ローンや、自動車ローンなどの目的型ローンと比較すると高金利なっています。ビジネスローンの場合、不動産や自動車のように担保がありませんので、その分が金利に上乗せされているようです。どのように返済するかを明確にした上で、ビジネスローンを借りるというスタイルを貫くようにしましょう。早め早めに返済を済ませたほうが利息を発生させずに返済を行うことができますので、資金に余裕があれば、多めに返済をしておくと後々助かります。最初に多額の資金の借入をするよりも、必要になる度にその都度、借りるようにする方が、余分な利息を支払わなくて済みます。同じビジネスローンでも利用方法によっては、返済額に差が生じてくるので、仕組みをよく理解して、賢く利用したいものです。

キャッシングは返済方法を確認して計画的な利用を

キャッシングを利用した後、返済に行きづまってしまう方は案外多いといいます。
借りたお金の返済ができなくなったら困るからという理由で、キャッシングに関心はあるけれど使えないでいるという人もいます。
月々の返済ができなくなって、別の金融会社から新しくキャッシング融資を受けて返済にあてるという悪循環に陥ってしまう人もいます。
借りた金銭の自力返済が不可能だと、親や配偶者にキャッシングの事実がバレてしまったり、返済を頼まざるを得ないことにもなります。
以前、複数のキャッシング会社から融資を受けて、返済ができなくなった人が問題視されたことがありました。多重債務のリスクを減らすため、2006年年に貸金業法が改正されて、キャッシング融資を受けられる条件が変わりました。
かつては、金利の上限はもっと高い数値を設定することができましたが、貸金業法の改正により内容が変わりました。金利の上限が設定されたことと、一遍に借りられる金額の上限が年収の1/3までと決まったことで、貸付金に歯どめがかかりました。
軽い気持ちでキャッシングをしていると返済がつらくなるので、借り入れ額を制限することが目的です。返済の方法はキャッシング会社によってそれぞれ違うので、事前に調べておきましょう。
キャッシングの返済方法は、指定した銀行口座からの自動引き落としや、毎月指定された口座に振り込むという選択肢があります。
無理なく返済できる範囲の融資に留めていれば、キャッシングはとても便利でいざという時頼りになります。

まさにご利用は計画的にとはよく言ったものですね。

コメント

トップへ戻る
PAGE TOP